Top >  NLP:言語 >  NLP入門:メタモデル~歪曲言語への質問

NLP入門:メタモデル~歪曲言語への質問

NLP(神経言語プログラム)の入門知識として、NLPの要素である言語
メタモデルについて解説していきます。
メタモデル手法を用いる、意味が不明確な言語に、
認識不足や非論理性によって、意味を誤ったまま形成し、発言を行う
歪曲言語」があります。
歪曲言語に対して行う、メタモデル手法による質問の基本パターンとして
『歪曲した意味を変更させていく目的をもった』質問を行っていくこととなり、
歪曲言語の定義別でみると、以下のようになります。
●因果関係の言語へは、「具体的に、どのように」など、
 誤って形成された因果関係を明確化させる質問
●読心術の言語へは、「どうしてわかるのか」など、
 誤った確信を変更させる質問
●複合等価の言語へは、「どうして~意味するのか」など、
 複数の過程の関係性を確認させる質問
●行為者消失の言語へは、「誰にとって・何に対して」など、
 判断を下した人物および判断基準を明確化していく質問


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:言語

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLPの基礎情報。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくことをコンセプトとしています。

    関連エントリー