Top >  心理学コラム >  プロスポーツ選手が重要視するメンタル面とは? スポーツ選手と心理学、NLPの関係

プロスポーツ選手が重要視するメンタル面とは? スポーツ選手と心理学、NLPの関係

プロスポーツ選手は技術面ばかりを鍛えれば成績が上がると言うわけではない。
技術やテクニック面を鍛えれば鍛えるほど、その能力を向上させることはできるだろう。

しかし、ある程度のレベルになると、その能力も向上しなくなってします。
マラソン選手が練習すればするほど、タイムが縮むことは残念ながらない。


また、100メートル走で短距離の練習をすればするほど、100mを10秒台やましてや9秒台として走れるものではないのは、既にご存知だろう。


舞台で一瞬の力を最大限に発揮するプロスポーツ選手は技術面だけでは自分の能力を最大限に発揮することができないことを認識しているようです。


そのため、プロスポーツ選手になればなるほどメンタル面の重要性を認識し、そしてメンタル面のトレーニングに勤しむようです。


一昔前には、イメージトレーニングなる概念が話題になりました。


現在では、スポーツに心理学やコーチングやNLP(神経言語プログラミング)を取り入れて活躍したプロスポーツ選手も多い。


プロテニスプレーヤーのアンデレー・アガシが一時期低迷した後、劇的な復活劇を遂げた時に話題となったのがコーチングのアンソニー・ロビンス。


アンソニー・ロビンスのコーチングにより、アガシ選手は復活し、見事優勝を勝ち取る。

今やアンソニー・ロビンスは世界各国の政治家やプロスポーツ選手などとコンサル契約を結び、
世界で一番高額なフィーを取得するコーチングとして有名。


アンソニー・ロビンス一人で年間50億円を稼ぐと言われる。


■参考文献:アンソニー・ロビンス


ちなみに、クリントン前大統領もコーチング、NLPを学び、アンソニー・ロビンスのコーチングを受けていたと言われる。


クリントン前大統領が近年の歴代大統領でもっとも人気・支持率が高かった理由として、NLPやコーチングの影響が大きいと言われている。


イチローや松井秀喜選手などのプロ野球選手がバッターボックスに入る前に、毎回ある一定のポーズや動作をしたり、そして投手がマウンド上で毎回同じ仕草や言葉を発揮するのをあなたもテレビなどで見た事があるのではないでしょうか。


他人から見ると、なぜあのような仕草やポーズをするのか不思議ですよね?


あのような動作や仕草もNLPでは、最高の自分を引き出すための一種のアンカリングの一つ言われています。


近年ではビジネスの現場でもNLPや心理学を活用する人達が増えてきています。

参考サイト:ビジネスNLP


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • 心理学コラム

    NLPで活用するメタモデルを活用し、生産者の視点、販売者の視点、消費者の視点を参考にし、心理学の視点を絡めて日々の出来事をお話します。

    関連エントリー