Top >  NLP:神経 >  NLPと声の変化

NLPと声の変化

NLP神経言語プログラミング)では、相手が無意識に行っている
仕草や表情などを分析して、より相手を理解することで
コミュニケーションの質を高めることができるといわれています。
普段何気なく発しているをとってみても、大きさや話のテンポなどで
さまざまなことが分析できるようです。
例えば、対話している相手の声のトーンが明るく高い感じだと、
対話の内容に相手が興味を抱いていたり、機嫌が良い様に感じ取れますね。
また口調が早いと、興奮状態であったり、何か焦っているように感じられます。
このように、ヒトは無意識のうちに、発せられた声の微妙な変化を
読み取り、相手がどの様な感情を抱いているのかを想像していくのです。
NLPではこの現象を応用することによって、質の高いコミュニケーションを
作り出していくと考えられます。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:神経

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLPの基礎情報。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくことをコンセプトとしています。

    関連エントリー