Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本テクニック:ラポール

NLPの基本テクニック:ラポール

NLP(神経言語プログラミング)の基本的なテクニックである
用語について大まかに説明していきます。
NLPでよく用いられている「ラポール」とは、
フランス語で『架け橋』と意味するように
2人もしくは2人以上とのコミュニケーションを計る際に
お互いの感情の調和や、理解が深まっている関係をつくり
上げていく過程をあらわしています。
私達は日々相手とのコミュニケーションを通じていくことで
お互いへの信頼感や理解を深めています。
よく「以心伝心」「馬が合う」などの例えをしていますが
この関係こそがラポールなのではないでしょうか。
NLPのテクニックは、このラポールを築くことで
最大限の効果を発揮し、効果を上げていくと考えられています。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー