Top >  NLP:基本テクニック >  NLPアイ・アクセシング・キューの眼球動作パターン

NLPアイ・アクセシング・キューの眼球動作パターン

NLP(神経言語プログラミング)のコミュニケーションスキル
として、相手の目の動きで相手の深層にある心理について読み解いていく
アイ・アクセシング・キュー」と呼ばれる基本テクニックがあります。
アイ・アクセシング・キューのテクニックで使用される
眼球動作パターンには、以下の定義付けがなされていると
考えられているようです。
・右上方向への眼球動作・・・新たなイメージ(視覚情報)の創造
・左上方向への眼球動作・・・過去に記憶した視覚情報へアクセスしている
・右下方向への眼球動作・・・体感覚情報へアクセスしている
・左下方向への眼球動作・・・自分と対話をしていることへの意味付け
・右水平方向への眼球動作・・・聞いた事のない音を創造している
・左水平方向への眼球動作・・・記憶している音(聴覚情報)へアクセスしている
この眼球動作パターンは、左利きである場合には間逆のパターンとなることも
あるそうです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー