Top >  NLP:基本テクニック >  NLP「アイ・アクセシング・キュー」について:聴覚情報

NLP「アイ・アクセシング・キュー」について:聴覚情報

NLP(神経言語プログラミング)基本テクニックのひとつである
目の動く方向で相手の深層心理について観察する
アイ・アクセシング・キュー」について説明していきます。
「アイ・アクセシング・キュー」で聴覚情報への
手がかりとなる眼球動作として、右水平方向への眼球動作
左水平方向への眼球動作が挙げられます。
例えば、今まで一番心に響いた言葉を思い出す時には
無意識のうちに眼球が左水平方向へと動きます。
それに対して、一度は言われてみたい言葉を思い浮かべる時には
無意識のうちに、眼球が右水平方向へと動いていくのです。
この聴覚情報への手がかりとなる「アイ・アクセシング・キュー」
の眼球動作パターンを使いこなすことによって、
自分自身、そしてパートナーとの信頼関係を向上させることが
可能となるでしょう。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー