Top >  NLPと関わりをもつ人物 >  NLPの共同開発者:ロバート・ディルツについて

NLPの共同開発者:ロバート・ディルツについて

NLP(神経言語プログラミング)が誕生するまでに関わってきた様々な人物について大まかにですが紹介していきます。
NLPの共同開発者のひとりでもある「ロバート・ディルツ」は、NLPの基本的なテクニックの基盤となる【ニューロ・ロジカル・レベル】を体系化した人物としても有名な博士です。
ロバート・ディルツが学生であった時期に、当時講師であった人類学者のグレゴリー・ベイトソンが定めた『学習と変化における4つの基本レベル』と出会いました。
ロバート・ディルツはこの『学習と変化における4つの基本レベル』を、
更に個人や集団の中における作用のレベルの階層構造として体系化させ【ニューロ・ロジカル・レベル】を誕生させたのです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLPと関わりをもつ人物

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLPの基礎情報。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。NLPの創始者やNLPに関わってきた人の紹介です。

    関連エントリー