Top >  NLPと関わりをもつ人物 >  NLPに関わる人物の紹介:グレゴリー・ベイツン

NLPに関わる人物の紹介:グレゴリー・ベイツン

NLP(神経言語プログラミング)関わりのある人物として、
NLPのテクニックのひとつである「ダブルバインド」のコミュニケーション理論を構築した、
グレゴリー・ベイトツン(グレゴリー・ベイトソン)について紹介します。
グレゴリー・ベイトツンはイギリス出身で、アメリカでの人類学・社会学・言語学・サイバネックスなどの研究者としても知られています。
グレゴリー・ベイツンは、バートランド・ラッセルが指摘したパラドックス〔ラッセルのパラドックス〕を通じて、イルカのコミュニケーションの観察や精神病院での経験を元に、生物同士が交わすメッセージには複数のレベルが存在するという「ダブルバインド」を構築しました。
このグレゴリー・ベイツンのダブルバインドをモデリングすることで、NLPでは新たなダブルバインドテクニックとして確率されています。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLPと関わりをもつ人物

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLPの基礎情報。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。NLPの創始者やNLPに関わってきた人の紹介です。

    関連エントリー