Top >  NLP:入門 >  NLPのテクニックやスキルの数が多いのは?

NLPのテクニックやスキルの数が多いのは?

NLP(神経言語プログラミング)には
100種を超えるスキルやテクニックが用意されているといわれていますが、
どうしてNLPには多数のテクニックやスキルが存在しているのでしょうか。
私達一人一人が異なる感受性を持ち、
同一することのない独自のメタプログラムや世界観がある様に、
個々に取り巻く環境や生活状況なども一人一人異なっています。
そのために内容や人などによって効果の高いテクニックやスキルは違っていきますし、
その都度の状況に応じたテクニックが多数必要となるのです。
NLPでは柔軟性も重要な要素であり、
NLPがもつ多数のテクニックやスキルを積極的に体感し、
各テクニックがどのような状況などで効果を発揮するのかを理解することも大切なのです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:入門

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLP入門。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくことをコンセプトとしています。

    関連エントリー