Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本的なテクニック:アソシエーション・デソシエーション

NLPの基本的なテクニック:アソシエーション・デソシエーション

NLP(神経言語プログラミング)の基本的なテクニックやスキルなどについて、
大まかにですが説明していきます。
NLPのテクニックを利用してセルフコミュニケーションを行なう場合などに用いられる、
アソシエイト(アソシエーション)」「デソシエイト(デソシエーション)」は、
直訳すると【結合】【分離】を意味する、過去に体験した出来事を思い出す場合における、
脳内にプログラミングされた記憶の引き出し方のテクニックのひとつです。
アソシエーションは、過去に体験した出来事に現在の自分を重ね合わせて一体化することで、
主観的に背景を見たり音を聞いたり、また体で感じながら思い出していきます。
一方デソシエーションは、過去に体験した出来事をテレビやスクリーン越しに眺めるように、
客観的に過去の出来事を引き出していくテクニックになります。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー