Top >  NLP:入門 >  NLP入門:ダブルバインド

NLP入門:ダブルバインド

ダブルバインド】は厳密にいうとNLP(神経言語プログラミング)のスキルではありませんが、
NLPの言語モデル「メタモデル」などといったNLPのモデルやテクニックなどに
非常に深い関わりがありますので入門知識として身に付けておかれる方が望ましいでしょう。
NLPにおけるダブルバインドは、グレゴリー・ベイツンが考案したスキルをミルトン・エリクソンが
進化させたテクニックが用いられています。
ダブルバインドを日本語に訳すと「二重拘束」と表し、
選択肢の枠を狭くすることで質問者の意図を無意識のうちに受け入れるように
誘導するテクニックだと考えると良いかと思います。
例えば「チョコレートとスナックどっち食べる?」という質問には、
「食べる」ことが前提として含まれているために、
「食べない」という選択肢が自動的に消去されています。
つまり食べたい気分でなくても「食べる」回答になってしますのです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:入門

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLP入門。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくことをコンセプトとしています。

    関連エントリー