Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本:知覚ポジション

NLPの基本:知覚ポジション

NLP(神経言語プログラミング)基本テクニック「ポジションチェンジ」などで用いられる
ポジションのひとつに知覚ポジションがあります。
知覚ポジションには、第一・第二・第三の3つのポジションが関係しており、
自分自身(主観)が第一ポジション、相手を第二ポジション、
そして第一ポジションと第二ポジションを含めた全体(客観)を第三ポジションと呼んでいます。
例えば相手とラポールを築く目的であっても、
自分の意見や考え方ばかりを押し付けるのでは効果を得ることが難しいですよね。
ですからNLPの基本である知覚ポジションを利用して、自分自身の考えや視点だけでなく、
相手の観点からや、客観的な視点からの物事について
見たり感じたりしていくことがとても重要となっていくのです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー