Top >  NLPとカウンセリング >  カウンセリングに用いられているNLPのテクニック:意識内容のリフレーミング

カウンセリングに用いられているNLPのテクニック:意識内容のリフレーミング

NLP(神経言語プログラミング)のテクニックは、数多くのセラピスト達にも支持されており、カウンセリングなどを行う際にもしばしば用いられています。
そんなカウンセリングを行う際に用いられているNLPのテクニックのひとつに「リフレーミング」があります。
リフレーミングにはセラピストがよく起用する『意識内容のリフレーミング』と、セルフカウンセリングを行う際に用いられる『6段階のリフレーミング』に大きく分かれています。
そして更に意識内容のリフレーミングには、内容の意味はそのままにして、
周囲の状況をNLPのリフレーミングテクニックによって変化させていく[状況のリフレーミング]と、
周囲の状況はそのままに、内容の意味合いを変化させていく[意味のリフレーミング]というテクニックの2種類があります。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLPとカウンセリング

    関連エントリー