Top >  心理学・心理ニュース >  京田辺市の教育委員会が適応指導教室を開設しました。

京田辺市の教育委員会が適応指導教室を開設しました。

京都府京田辺市(きょうたなべし)の教育委員会適応指導教室を開設しました。
適応指導教室とは、不登校になってしまった児童や生徒達・その保護者などを対象として、
学習や日常生活の指導を行ったり、登校に復帰するための相談にあたる教育施設をいいます。
今回開設した適応指導教室「ポットラック」では、京田辺市立小中学校の生徒達を対象にして、
月曜日から金曜日の午前中に個別の学習指導やゲーム、ストレッチ体操などを行います。
指導には教育委員会の嘱託職員4人の他、同志社女子大学の8人の学生達もあたる予定です。
女子大学生達は、現代社会学部の塘利枝子教授のもとで発達心理学を学んでいます。
また教室では午後1時から4時までの3時間、生徒の保護者も含めた相談を行っています。

京田辺市内では、現在小中学校で合わせて約70人の不登校の生徒達がいるとされています。
教育委員会ではこれまで市内の3箇所で開設していた週2回の教室での指導を強化するため、
常設の「ポットラック」を開設しました。
適応指導教室「ポットラック」の利用と教育指導相談については無料ですが、
事前に予約が必要との事です。

いじめ問題の深刻化、学力低下などの影響で現代の教育現場は多くの問題を抱えています。
そうした問題を学校や家庭だけではなく、地域でも同様に支えあうことができれば、
きっと解決は少しでも早くなるのではないでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070405-00000039-kyt-l26



やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • 心理学・心理ニュース

    NLP(神経言語プログラミング)やコーチング、心理学や、人間と心理面を取り扱った関連性の高いニュースをダイジェストで紹介します。

    関連エントリー