Top >  心理学・心理ニュース >  財界人と女優のスキャンダルには心理学的理由あり?

財界人と女優のスキャンダルには心理学的理由あり?

財界人女優のスキャンダル(艶聞報道)には心理学的に理由がある?

大手総合建設会社(ゼネコン)大林組の大林剛郎会長(52歳)と女優の鈴木京香さん(38歳)が、
愛人関係にあるという記事が、4月12日に発売した「週刊文春」に掲載されました。
記事の中では大林剛郎会長の知人が「鈴木京香さんは自分の愛人だと会長が言った。」と、
話していますが、大林組と鈴木京香さんの所属事務所ではこの内容を共に否定しているので、
記事が真実かどうかは分かりません。
しかし、今回のような財界人と女優のスキャンダル記事は過去にも数多く報道されています。
沢口靖子さん(41歳)が、西武グループの元総帥である堤義明氏(72歳)との関係を疑われたり、
大空真弓さん(67歳)とセゾングループの元代表の堤清二氏に関する記事も掲載されました。
2003年には西田ひかるさん(34歳)がポーラ化粧品の鈴木郷史社長と愛人関係にあるとされ、
本人達がやはり記事を否定しています。

なぜ財界人と女優のスキャンダルが多いのか?それには心理的かつ社会的な理由があると、
心理学者の鈴木丈織博士は指摘しています。
「財界人から見ると女優は、自ら所有したい高価なアクセサリーのようなものであり、
女優は財界人と関係を持つ事で、社会的な地位が確立し知的なイメージも付加できます。
お互いにメリットの多い関係なので、こうした話は昔から後を絶ちません。」と、
博士は話しています。

財界人が見栄っ張りなのか、それとも女優が賢くしたたかなのか判断はつきかねますが、
「微妙に美味しい関係」であるのは確かのようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070415-00000007-gen-ent


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • 心理学・心理ニュース

    NLP(神経言語プログラミング)やコーチング、心理学や、人間と心理面を取り扱った関連性の高いニュースをダイジェストで紹介します。

    関連エントリー