Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本テクニック:感覚の違いで応用するミラーリング

NLPの基本テクニック:感覚の違いで応用するミラーリング

NLP(神経言語プログラミング)の基本テクニックミラーリングを行う際には、相手が視覚的に物をとらえる人間か、それとも聴覚的か、感覚的なのかを知る必要があります。
視覚的なヒトと視覚的なヒト、感覚的なヒトの呼吸法や仕草はそれぞれ異なるので、三つのタイプの呼吸法や仕草を大まかに理解すれば、相手がどのような感覚で動く人間なのかを知るだけでミラーリングも行いやすくなります。
また、相手のタイプを間違えただけでもミラーリングは失敗してしまうことがあります。
例えば、視覚タイプのヒトに聴覚的な言葉遣いで話しかけたり、聴覚的なミラーリングを行ったりすれば、逆効果になりかねません。
ミラーリングは、相手をよく観察することだけでなく、相手がどの感覚を使っているかを理解するだけのスキルが必要となるのです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー