Top >  NLP:入門 >  NLPで行動を変える

NLPで行動を変える

NLPの理論を実践することで、日ごろ何気なく行っている行動や、その行動を起こさせている心の働きを変えることができるといわれています。
そのため、NLPはメンタル的な治療だけでなく、教育、自己変革、ビジネスチャンスを得るための方法としても利用されているのです。
NLPによって行動を変えるとは、代表システムといわれる視覚、聴覚、触運動覚といった五感から成り立っている、人が経験や世界を認識するための構成要素を変革することことです。
そういった構成要素は、行動規範を示している脳内の地図だと考えられています。
そのため、NLPを使って行動を変えるためには、まず、脳内の行動規範をあらわす経験を認識するための構成要素を知ることが必要になります。
具体的に感じるための方法として、アクセシング・キューによる眼球の動きや、タイムライン上の感覚を自覚することを練習してみるといいでしょう。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:入門

    神経言語プログラミングNLP(neuro-linguistic programming)について詳しく知りたい方のためのNLP入門。NLPとは1970年代半ばにジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーがはじめたもので、ニューエイジ大規模自己啓発セミナーのひとつです。成功した人、うまくいってる人の一連の思考や行動をモデル化し、それを使って脳をプログラム化すれば誰でもうまくいくことをコンセプトとしています。

    関連エントリー