Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本テクニック:タイムライン

NLPの基本テクニック:タイムライン

NLPの基本テクニックとして、タイムラインという、時間にかかわる経験をどのように整理し、保存しているかを知る方法があります。
タイムラインは、過去、現在、未来といった時間の構造の捉え方を知るための方法です。
現在の行動や未来の行動は、過去の体験の捉え方によって決定されていることから、NLPでは、タイムライン上の過去の捉え方を変えることで、現在、未来の行動を変えることが可能だと考えています。
タイムラインのテクニックで使用されるパターンには、以下の定義付けがなされていると考えられているようです。
現在に近い過去は大きく、より古い過去の方が小さくイメージされる。
現在に近い未来は大きく、より遠い未来の方が小さくイメージされる。
また、未来は右側にあり、過去は左側にある。
しかし、こういった時間の整理法には個人差があり、一概には決められません。
ただ、時間の整理法がうまくいっていない人が、よりよい整理法を身に付けることで、問題解決になったり、望ましい行動ができるようになると考えられています。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー