Top >  NLP:基本テクニック >  NLPの基本テクニック:タイムラインに未来を配置する

NLPの基本テクニック:タイムラインに未来を配置する

NLPの基本テクニックとしてタイムラインがあることはすでに紹介しましたが、タイムラインは自身の時間(歴史)を整理する方法であり、未来や将来へ対しての展望をより明確にするためのNLPの基本テクニックでもあります。
タイムラインを作ることができる人でも、タイムラインに未来を配置して行動できる人は少ないようです。
タイムラインに未来を据えることが苦手な人は、自分が理想とするものの大まかな形を想像してみてください。
理想の形が想像できたら、次はそれを未来に起こりえる可能性だと考えるようにします。
タイムラインに未来を配置することの不得意な人でも、この方法なら少しずつタイムラインに未来が増えていくのではないでしょうか。
NLPの基本テクニックであるタイムラインに未来を配置することによって、これから行うべき行動などをはっきりさせることができるはずです。


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • NLP:基本テクニック

    関連エントリー