Top >  心理学・心理ニュース >  「好感の持てるスポーツキャスター」第1位は青山裕子さん!

「好感の持てるスポーツキャスター」第1位は青山裕子さん!

「好感の持てるスポーツキャスター」第1位は青山裕子さんでした。

スポーツ用品メーカーが、最近20代から60代の男性を対象に行ったという、
「好感の持てるスポーツキャスター」アンケートで、第1位に選出されたのは、
NHKのアナウンサーで、スポーツ番組を担当する青山裕子さんでした。
今回のアンケート結果を受けて、多くの視聴者はスポーツキャスターに対し、
現代的で可愛いイメージの外見よりも、繊細なスポーツ選手の心理を読んで、
的確に情報を伝えられる能力を求めていると、広告関係者は分析しています。

青山裕子さんは、学生時代に新体操部と弓道部(筑波大学)に所属しており、
全国大会での優勝や、国体へも出場しています。
スポーツ選手の心理を読める能力は、青山さん自身もスポーツ選手であり、
大きな大会にも出場していた経歴を考えると、当然と言えるかも知れません。
彼女がアナウンサーになったきっかけは、94年にリレハンメルで行われた
原田雅彦選手を始めとするスキージャンプ団体戦のオリンピック中継を見て、
自分も現場に立って感動を伝えたいと思ったからだそうです。

現在、アメリカ総局に在籍している有働由美子チーフアナウンサーに替わり、
青山裕子さんはNHKを代表するアナウンサーの1人として注目されています。
アンケート調査の結果から、スポーツニュースにおける彼女の断然の人気は、
当分は揺るがないと広告関係者は見ています。

オリンピックの大会に出場する選手達の、集中や緊張などの心理状態は
自身が実感した経験があるからこそ、正確に伝えられるのかも知れませんね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000007-gen-ent


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • 心理学・心理ニュース

    NLP(神経言語プログラミング)やコーチング、心理学や、人間と心理面を取り扱った関連性の高いニュースをダイジェストで紹介します。

    関連エントリー