Top >  心理学・心理ニュース >  ライティングページ最適化に多くの心理学が応用されています。

ライティングページ最適化に多くの心理学が応用されています。

ライティングページ最適化に多くの心理学が応用されています。

ライティングページ最適化(LPO)とは、ウェブの複数のサイト間にある文脈に、
サイトの目的に最適化されたページを介入させる技術を言います。
例えばショップのウェブであれば、商品を売る側と買う側との情報交換を、
よりスムーズに行えるような効果のあるページを加える事です。
心理学を応用したライティングページ最適化は、新しい技術の考え方ですが、
応用されている心理学の多くは、以前から知られている認知心理学だそうです。

コントラスト効果」は、ライティング最適化に利用される心理学の一つです。
コントラスト効果というのは、先に心理的負担を感じる厳しい条件を提示して、
後から提示する負担の軽い条件の方に、人間の興味を引き付ける概念です。
化粧品の画面で「5000円のサンプル請求」と提示すると、実際の購入を考えて、
買い手は慎重になりますが、「1500円のサンプル請求」を選択肢に加えると、
5000円よりは心理的な負担が軽くなるので、請求が増える事になります。

ライティングページ最適化に応用されている心理学は、コントラスト効果の他、
ダイレクトマーケティング手法や選択肢のデザイン手法など多数ありますが、
いずれの最適化技術にも、人間であるユーザーの心理に向き合うため、
認知心理学や行動心理学などのよりきめ細かな応用が期待されているようです。

コンピュータのボタンを押すのが人間である限り、心理学の応用はこれからも
さらに必要とされていくのでしょうね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070619-00000003-inet-inet


やりたいことを明確にし、モチベーションをあげ、人のコミュニケーションが劇的に改善
世界で最も有名なコーチの1人アンソニー・ロビンズのプラチナパートナーのクリス岡崎がつくったMOVEコーチング認定講座

最新の脳科学と心理学に基づいた科学的なセールスメソッド「ホールブレインセールス」
コミュニケーションNLP心理学一日徹底セミナーDVD

このエントリーをブックマークする

  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • 心理学・心理ニュース

    NLP(神経言語プログラミング)やコーチング、心理学や、人間と心理面を取り扱った関連性の高いニュースをダイジェストで紹介します。

    関連エントリー